公演情報

2015年度サンモールスタジオ最優秀団体賞記念
アガリスクエンターテイメント第22回公演
『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/笑の太字』

東京公演2016年8月31日(水)〜9月4日(日)
大阪公演2016年9月9日(金)〜9月11日(日)
脚本・演出:冨坂友

■概要■

傑作(問題作)&新作(問題作)、二本同時上演

昨年度、黄金のコメディフェスティバル2015にてグランプリ含む四冠を達成した傑作にして問題作『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』の再演と、もっと問題作な新作二人芝居『笑の太字』の45分二本立て!
シチュエーションコメディの新境地を切り開いてきたアガリスクが「コメディを斬るコメディ」二本をパッケージした両A面!
これが“屁理屈シチュエーションコメディ”の真骨頂で、これが アガリスクの エンターテイメントです。

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』

【出演】
淺越岳人鹿島ゆきこ塩原俊之沈ゆうこ津和野諒矢吹ジャンプ斉藤コータ

『笑の太字』

【出演】
Aチーム熊谷有芳前田友里子
Bチーム甲田守津和野諒
Cチーム淺越岳人塩原俊之
Dチーム鹿島ゆきこ沈ゆうこ


■東京公演■

【会場】
サンモールスタジオsumMAP2
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-19-10 サンモール第3M B1F
(「新宿御苑前」駅・2番出口 徒歩5分)


【日時】
2016年8月31日(水)〜9月4日(日)

8/31 9/1 9/2 9/3 9/4
12:30
14:30 B☆ A☆
16:00
17:00
19:30 A☆

※☆のマークの回は《前半・平日昼料金》になります。
※受付は開演の45分前、開場は30分前となります

【料金】
《一般料金》
予約券:3,500円 当日券:3,800
《前半・平日昼料金》…☆のマークの回
予約券:3,000円 当日券:3,300
《高校生料金》
予約券・当日券ともに500

【割引】
貧民割引:500円引き
ご予約の上、当日受付にて「貧民です」とご申告頂いたお客様は500円割引します。
大貧民割引:1,000円キャッシュバック
7/31(日)までに事前精算にてご購入の上、当日受付にて「大貧民です」とご申告頂いたお客様は1,000円キャッシュバック致します。
リピーター割引:1,000円引き
受付にて本公演のチケットの半券をご提示頂くと1,000円割引します(半券一枚につき一名様のみ有効)。

【チケット発売】
7月2日(土)午前10:00~
ご予約は こちら から


■大阪公演■

【会場】
in→dependent theatre 1st地図
〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋5-12-4
(「恵美須町」駅・1B西出口 徒歩1分)


【日時】
2016年9月9日(金)〜9月11日(日)

9/9 9/10 9/11
12:30
14:30 D☆
17:00
19:30 A☆

※☆のマークの回は《前半料金》になります。
※受付は開演の45分前、開場は30分前となります

【料金】
《一般料金》

予約券:2,800円 当日券:3,300
《前半料金》…☆のマークの回
予約券:2,300円 当日券:2,800
《高校生料金》
予約券・当日券ともに500

【割引】
貧民割引:500円引き
ご予約の上、当日受付にて「貧民です」とご申告頂いたお客様は500円割引します。
リピーター割引:1,000円引き
受付にて本公演のチケットの半券をご提示頂くと1,000円割引します(半券一枚につき一名様のみ有効)。
東京公演の半券もご利用頂けます。

【チケット発売】
7月2日(土)午前10:00~
ご予約は こちら から


■出演者■

淺越岳人
鹿島ゆきこ
熊谷有芳
甲田守
塩原俊之
沈ゆうこ
津和野諒
前田友里子(以上アガリスクエンターテイメント)
矢吹ジャンプ(ファルスシアター)
斉藤コータ(コメディユニット磯川家)

■スタッフ■

脚本・演出:冨坂友
文芸助手:淺越岳人
舞台監督:大地洋一
舞台美術:袴田長武
照明:山内祐太(東京)/ぷっちヨ・渡辺佳奈(大阪)
音響:兼坂香弥(東京)/下田要(大阪)
宣伝美術:カトウリョウ
WEB:海里有香
制作:佐伯凛果/小林大陸(大阪)
主催:アガリスクエンターテイメント
後援:サンモールスタジオ
協力:NPO法人S.A.I./@Kyoto.lighting/劇団熊タオル/コメディユニット磯川家/日本コメディ協会/ファルスシアター/4C/CoRichチケット!
大阪市芸術活動振興助成金対象案件

■お問い合わせ■

公演特設ページ:http://22nd.agarisk.com
E-mail:info@agarisk.com
TEL:080-5335-5585(担当:佐伯)/03-3350-0335(サンモールスタジオ・8/31~9/4のみ)

終演のご報告&頂いた感想まとめ

終演のご報告

ご報告が遅くなってすみません、アガリスクエンターテイメント第22回公演『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/笑の太字』は、9/11の大阪公演千穐楽をもって無事に全日程を終了いたしました。

ご来場下さったお客様、作品作り・宣伝などにご協力頂いた皆様、関係者の皆さん、誠にありがとうございました。

おかげさまで、昨年黄金のコメディフェスティバルで優勝した記念の(そして劇団的にとても思い入れのある)作品の凱旋公演・そして関西圏へのお披露目の公演を行うことが出来ました。

同時に上演した新作『笑の太字』と合わせて、多方面から怒られそうな挑戦的な二本立てでしたが、9月13日現在、まだそのような事態には至っておりません(笑)。

また、上演の成果としても、ごちゃごちゃうるさい屁理屈を吐き続ける“面倒くさい”芝居の二本立てにもかかわらず沢山の笑い声を頂き、終演後の感想も嬉しいご意見を沢山頂くことができました。

反省や改善点は真摯に受け止めつつ、まだまだ「屁理屈シチュエーションコメディ劇団」としての純度と規模を高めていく所存です。

11月には久しぶりのコントオムニバス企画・新宿コントレックスを、来年4月には『時をかける稽古場2.0』でのツアー公演を予定しております。

どうぞ今後ともアガリスクエンターテイメントをどうぞよろしくお願い申し上げます。

アガリスクエンターテイメント一同

p9110011

頂いたご感想のまとめ

【Twitter感想まとめ】

Twitterで感想をつぶやいてくれた皆様のまとめです。

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/笑の太字』感想まとめ

 

【CoRich舞台芸術!「観てきた!」】

演劇ポータルサイト“CoRich舞台芸術!”の口コミコーナー「観てきた!」に投稿して頂いた感想です。

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/笑の太字』観てきた!

 

【ブログの感想リンク】

ブログに感想を書いてくれた皆様のリンクです。

すーさんのブログ

舞台を中心に私がまわる

信原久美子のいちにちイチキュン。

石原藤樹のブログ(元六号通り診療所所長のブログ)

観劇初心者Aの感激レビュー

【サル評】~サルの劇評~

笑演劇好きの主に観劇感想日記

前田綾香と空と笑う日々のこと。

【サル評】~サルの劇評~

舞台を中心に私がまわる

舞台を中心に私がまわる

舞台を中心に私がまわる

ぽけっとにチケット~おきらく観劇日記~

しゃぼん玉とばそ。〜マッキーせんせいの日常記〜

西山愛香ブログ「がらこんさーと」

観劇と ベランダ園芸と 健康と

CLACLA日記

SAISEIのブログ Ⅳ

公開した映像・舞台写真

【本編映像公開しました!】

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』のみ、本編をフルでYouTubeに公開します!

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』をもう一度見たいという方、二本立てのうち片方だけでも試しに見てみたい方、ぜひご覧ください!期間限定(?)です。

※定点撮影の記録映像です。

【本編映像】『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』東京公演千秋楽

 

【舞台写真を公開しました!】

東京公演の舞台写真(撮影:石澤知絵子)を掲載しました!

公演の雰囲気を見てみたい方、他のチームのビジュアルをご覧になりたい方、ぜひ!

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』

『笑の太字』(A)(B)(C)(D)全チーム

 

東京公演終了の御礼&動画・舞台写真・感想など色々なものを公開!

七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/笑の太字』東京公演は無事に終了しました。ご来場のお客様、ご協力頂いた皆様、誠にありがとうございました。

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/笑の太字』はまだ大阪公演が続きます。9/9(金)~9/11(日)のindependent theatre 1stで行います。

関西の皆様、または東京で見逃したお客様、はたまたもう一度見たいという方、どうぞ宜しくお願いします!

i53a7668

◇◆◇◆大阪公演◆◇◆◇
【日時】 2016年9月9日(金)~9月11日(日)

9(金)19:30(A)☆

10(土)14:30(D)☆

10(土)19:30(C)

11(日)12:30(B)

11(日)17:00(A)

【会場】 in dependent theatre 1st

【料金】

《一般料金》予約券:2,800円/当日券:3,300円

《前半・平日昼料金》予約券:2,300円/当日券2,800円

《高校生》予約券/当日券:500円

【割引】

《貧民割引》500円引き

《リピーター割引》1,000円引き

【チケット予約】 CoRichチケット!予約フォーム(当日精算)

【詳細】  公演情報(大阪公演)

 


【本編映像公開しました!】

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』のみ、本編をフルでYouTubeに公開します!

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』をもう一度見たいという方、二本立てのうち片方だけでも試しに見てみたい方、ぜひご覧ください!期間限定(?)です。

※定点撮影の記録映像です。

【本編映像】『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』東京公演千秋楽

 

【舞台写真を公開しました!】

東京公演の舞台写真(撮影:石澤知絵子)を掲載しました!

公演の雰囲気を見てみたい方、他のチームのビジュアルをご覧になりたい方、ぜひ!

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』

『笑の太字』(A)(B)(C)(D)全チーム

 

【Twitter感想まとめ】

Twitterで感想をつぶやいてくれた皆様のまとめです。

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/笑の太字』感想まとめ

 

【ブログの感想リンク】

ブログに感想を書いてくれた皆様のリンクです。

すーさんのブログ

舞台を中心に私がまわる

信原久美子のいちにちイチキュン。

石原藤樹のブログ(元六号通り診療所所長のブログ)

観劇初心者Aの感激レビュー

【サル評】~サルの劇評~

笑演劇好きの主に観劇感想日記

前田綾香と空と笑う日々のこと。

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』舞台写真

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/笑の太字』より、『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』の舞台写真を公開します。

以下の写真の無断転載を禁じます。
(撮影:石澤知絵子)

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

『笑の太字』舞台写真

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/笑の太字』より、『笑の太字』の舞台写真を公開します。

以下の写真の無断転載を禁じます。
(撮影:石澤知絵子)

●『笑の太字』Aチーム(学生:熊谷有芳 教員:前田友里子)

スライドショーには JavaScript が必要です。

●『笑の太字』Bチーム(学生:甲田守 教員:津和野諒)

スライドショーには JavaScript が必要です。

●『笑の太字』Cチーム(学生:淺越岳人 教員:塩原俊之)

スライドショーには JavaScript が必要です。

●『笑の太字』Dチーム(学生:沈ゆうこ 教員:鹿島ゆきこ)

スライドショーには JavaScript が必要です。

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/笑の太字』へのチラシ折込について

アガリスクエンターテイメント『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/笑の太字』(東京公演)へのチラシの手折込をご希望の方は、以下のフォームからご希望の日時を選んでご予約下さい。

いや、筆者も結構折り込み行ったり受け付けたりしてきたんですが、事前の連絡のやりとりが地味に手間ですよね。
「何部ですか?いつ空いてますか?」「何部です、この時間帯ならまだ空いてます」「この時間帯はいかがですか?」「すみません、もう埋まっています…」などなど。意外と何通も積み重なるメール。。。
ということで、折込に行く側も受け付ける側も互いに楽しましょ、とフォームを作りました。いや、我々もどっかの劇団を真似したものなんですが。

それでは、よろしくお願いいたします。

●東京公演へのチラシ折込
【日時】2016/8/29(月) 13時〜19時
【場所】サンモールスタジオのロビー
【枚数】800枚
【定員】一回につき2団体様
お申し込みは こちら から

●大阪公演へのチラシ折込
【日時】2016/9/8(木) 13時〜19時
【場所】independent thatre1stのロビー
【枚数】350枚
【定員】一回につき2団体様
お申し込みは こちら から

キャスト

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』

jumpB_650

saitoB_650

kashimaB_650

simB_650

tsuwanoB_650

shiobaraB_650

asakoshiB_650

『笑の太字』

Aチーム

kumagaiB_650

maedaB_650

Bチーム

koudaB_650

tsuwanoB_650

Cチーム

asakoshiB_650

shiobaraB_650

Dチーム

kashimaB_650

simB_650

スタッフ

脚本・演出:冨坂友
文芸助手:淺越岳人
舞台監督:大地洋一
舞台美術:袴田長武
照明:山内祐太(東京)/ぷっちヨ・渡辺佳奈(大阪)
音響:兼坂香弥(東京)/下田要(大阪)
宣伝美術:カトウリョウ
WEB:海里有香
制作:佐伯凛果/小林大陸(大阪)
主催:アガリスクエンターテイメント
後援:サンモールスタジオ
協力:NPO法人S.A. I./@Kyoto.lighting/劇団熊タオル/コメディユニット磯川家/ファルスシアター/4C
大阪市芸術活動振興助成金対象案件

6/28(火) 事前精算でのチケット購入の話・特典の話

さて、チラシ画像も完成して(画像公開しました)、頂いた推薦コメントも載せて、そして7/2(土)のチケット発売が迫ってまいりました。

今回、チケットの購入方法がたくさんあります。

●CoRichチケット!(当日精算)
●演劇パス(事前精算)
●カンフェティ(事前精算)
●Yahoo!パスマーケット(事前精算)

ですね。それぞれの購入の流れや特徴については東京のチケットページ大阪のチケットページをご覧ください。

今日はそれぞれの購入方法の後ろについてる(事前精算)について。

「事前精算」というのは、読んで字のごとく、事前にチケット代の精算を済ませるタイプの購入方法です。当日に会場の受付で払うのではなく、クレジットカード決済やコンビニ決済で事前にお代を頂くタイプ。

ぶっちゃけて言うと、劇団にはこちらの方がありがたいのです。

小劇場の大抵の劇団は自転車操業で経営してますし、当日の受付の混雑のこともありますし、あとは劇団側もお客様側も「先にチケット代を頂いている」「先にチケットが手元(紙だったりデータだったりはしますが)にある」というお互いの安心感のために。

なのですが、やっぱり小劇場演劇は当日精算(予約だけしておいて支払いは当日の受付で)が主流です。それに事前精算の為には各チケットサービスに会員登録をしなきゃいけなかったり、先にお金を払うっていう心理的な抵抗があったり、ちょっと面倒ですよね。わかります、その気持ち。

なので、事前精算でチケットを購入してくれた方に特典を付けました!

特典:事前精算ありがとうセット

以下の二つをセットでプレゼント!(当日、入場時にお渡しします)

●劇団特製缶バッヂ(非売品)

えっと、まぁ、よくある缶バッヂです。ですが、グッズとして販売はしない専用のデザインのものになります。
お好きなところにつけてアガリスクファンアピールだ!

●裏パンフレット(非売品)

かつて冨坂が公演の度に発行していた、当日パンフレットに載せるには砕けすぎているコンテンツが載ったアンオフィシャル印刷物「裏パンフレット」がまさかの復刊。昔は淺越の書いた小説、メンバーの大喜利、コラムなどが載っていました。
編集長が淺越に代わり、どんな内容に一新されるのか…!?
A4二つ折りのA3版4ぺージのペラ紙です。

 

そして、アガリスクエンターテイメント名物の割引企画「大貧民割引」が使えるのも事前精算でご購入の方のみとさせて頂きました。

適応条件は

●事前精算で購入していること
●7/31(日)23:59までに購入していること
●当日、受付にて「大貧民です」と自己申告して頂くこと

以上の3点です。それが揃うと1,000円キャッシュバック致します。

あくまで「大貧民用の割引」です。「事前精算用の料金」ではありません。
「お金がないけど観たい」という方、職業年齢性別関係なく、遠慮せず使ってください。「そこまで懐事情が厳しくはない」という方、なるべく…考慮して頂けると…(この割引がアガリスクの公演予算の結構な割合を占めてて、身を切ってるんです、実は)。

 

ということで、登録や先払いでお手数をおかけしますがお得なところが盛り沢山な事前精算でのチケットのご購入にご協力頂けるととても嬉しいです。

そして「直前まで予定わからないよ」というお客様。当日精算もあります。当日券もあります。
ご連絡頂けたら大抵のことは何とかするので、「観たい」と思って頂けたなら是非この機会にご来場ください。

 

7/2(土)午前10時チケット発売です。発売まで少々お待ちくださいませ。

推薦コメント

黄金のコメディフェスティバル2015にて『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』をご覧頂いた各業界の皆様から、応援の推薦コメントを頂きました!(50音順・敬称略)


議、タイムスリップ、国旗国歌、ホロコースト。テーマが何であれアガリスクの皆さんが触ると容易くコメディーになってしまう所を何度も目撃してきました!
今回の「七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン」はコメディーの骨格に触るコメディー。そんなことをしてしまう皆さんの姿がまたコメディーなものだから一体何重のコメディーを見せられているのかと複雑で不思議な気分になりますが、観劇後には「あー面白かった」とシンプルに言えてしまうのがまた不思議です。
そんなどこからでも笑いを生み出せる劇団が新作「笑の太字」を、しかも全4組というこの目で確認し切れるか不安になるほどの圧力でかましてくれるということですが、きっと観劇後には「何で4組しかやらないんだ」と言ってしまうのだろうなと安心しております。

家の裏でマンボウが死んでるP タカハシヨウ(作曲家・作詞家・脚本家)


りあえず後先考えずに断言してしまうけど、「七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン」の初演は事件だった。と僕は思っている。
超簡単にあらすじを説明すると、コメディを愛しすぎた七人が寄ってたかってコメディをボコボコにする話。舞台上から笑いの要素を引き算すればするほど客席の笑いは足し算、いや掛け算の要領で大きくなっていく。
しかも、このコメディ説教強盗みたいな作品でアガリスクは昨年「黄金のコメディフェスティバル」グランプリを獲ってしまった。
コメディからコメディを引くとコメディしか残らない。
アガリスクエンターテイメントが証明したのはそんな方程式である。

Nichecraft代表 辻本直樹(小道具作家)


ガリスクエンターテイメントの『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』を、昨年見たんだけども、これがまー、とてつもない芝居だったんである。めちゃめちゃ面白かったんである。脚本演出俳優スタッフワーク、ストーリーテリング、哲学、実験、グルーブ、そしてもちろん笑いと感動、全部入って45分。その密度たるや、ここまで執拗に作り込めるのか、ここまで熱量が投入きるのか、重金属の溶けたヤツみたいな芝居だった。僕は感動しつつ、くやしくも思った。自分も作り手だから。皆が賞賛する中、アガリスクのメンバーたちは、「これが我々のすべてではないです。ほかにもいろいろありますから」と不敵なことを言っていた。僕は、そんなアホな、これ一作あったらもう一生他の作品作らんでええやろ、とか思ったのだけども。もう一作『笑の太字』をセットにして公演をやるとは、よほどの自信なんだろう。凄い連中である。

西田シャトナー(作家・演出家)

6/16(木) 『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』の前回の感想とか紹介とか

冨坂です。

さて、情報を公開しました『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/笑の太字』。
「やった、また七人の語らい~観られる!」「笑の太字あらすじが攻めすぎ」「笑の太字4チーム制かよマジか」「東京1ステしかやらないチームあんのかよ」などなど様々なご感想を頂いております。なにはともあれ、皆様、気にしてくれてありがとうございます。

さて、作品について沢山語っていきたいところなのですが、片方はまだ台本も書いてる途中ですし、あんまり書きすぎて息切れしてもアレなので、今回は『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』についてのみ。

今回の『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』は、昨年、『七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン』として黄金のコメディフェスティバル2015に出場したときの作品です。ややこしいですね。二本立てみたいな名前にしたところ、いざ本当に二本立てにしたときに表記に困ったので、若干改題しました。
『七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン』→『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』に変更。
どうでもいいですね、要するに一緒です。
ただ、「黄金のコメディフェスティバル=45分間の時間制限&他団体と競作」という枷がなくなった分、それでも作品を成立させるために多少の変更を加えます。あと改良もします。

で、昨年のコメフェスでご覧になってない方の為に解説を。

あらすじとか解説はこちらに書いたのですが、要は「嘘ついて誤魔化すベタな海外シチュエーションコメディを批評して、会議になっていくシチュエーションコメディ」です。なんのこっちゃ。

小劇場で活動する劇団のコメディの祭典・黄金のコメディフェスティバル2015に出場、パーチームの後攻として上演し、グランプリ(最優秀作品賞)、最優秀脚本賞、観客賞、高校生審査員賞を受賞しました。

ご覧頂いた方々の感想はこちらに載っています。

コメフェス2015アガリスク作品『七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン』感想まとめ

CoRich舞台芸術!「観てきた!」

また、僕も公演終盤に、ちょいネタバレを含んだ暑苦しい解説をブログに書いてました。

冨坂が言う「『七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン』=アガリスクエンターテイメント」

ここでも“これが、アガリスクの、エンターテイメントです”とか言ってたのか…。相当好きなんだな、この表現…。

でも、この時と今回の公演とで、明確に違う部分があります。
それは、『笑の太字』という新作もひっくるめて“これが アガリスクの エンターテイメント”なところです。
新しく劇団に入ったメンバーも一緒に、8人の劇団所属の俳優たちが、2人芝居4チームでお届けします。

正直、ダブルキャストとかトリプルキャストみたいな、一つの興行で複数チームがあるのってあんまり好きじゃないんですよ。お客さんからしたら「全部見られないのかよ」ってなるし。「あんたらが一番見せたいペアでやってよ」って思うし。

だったら新しく入ったメンバーも含めて8人で45分の一演目をやる、という選択肢もあります
でも、『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』が“コメディを斬るコメディ”であるなら、『笑の太字』は一緒に上演しなければいけない、そう思いました。そうじゃないと七人~を再演する意味すら失っちゃうぞ、と。
そして、この作品は劇団のメンバー皆が経験しないといけないな、と思いました。名前からしてわかるように、この作品はあの芝居と、あの芝居の上演にまつわる問題を引き合いに出す作品です。ええ、三谷幸喜さんの芝居ですよ。過去、しかも「古典」として扱われるほどじゃないくらいの近過去にマスターピースが存在しているなかで、どうして新作でシチュエーションコメディを作っていくのか、っていう覚悟とか矜持とか、そんなところにタッチできたらいいな、少なくとも劇団所属の俳優たちにはそこんとこを感じてほしいな、ということですね。

あれ、話が『七人の語らい~』に収まらなくなってきた。
ともあれ、そんなしちめんどくさい覚悟やら矜持を、くだらない屁理屈の応酬としてお届けする二本立てです。

7/2(土)午前10:00~チケット発売開始です。
どのチームがどのくらい売れるとか、我々も未知数なので、考えるのをやめました。
お好きな時に、でも是非とも、観に来てください。
ご来場お待ちしております。

アガリスクエンターテイメント 冨坂友(脚本・演出)

チケットの種類と買い方について!

今回の『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/笑の太字』にはチケットの購入方法というか購入できる場所が4種類あります!

それが
●CoRichチケット!(当日精算)
●演劇パス(事前精算)
●カンフェティ(事前精算)
●パスマーケット(事前精算)
です。

それぞれの特徴をご確認いただける早見表はこちら
ticket_hayami

まず、ざっくりと(当日精算)(事前精算)の二種類に分かれます。

当日精算というのは、読んで字のごとく、当日にチケット代をお支払い頂きます。そしてその場でチケットの半券をお渡して、そのままご入場頂くスタイル。よく小劇場で演劇観る方には一番馴染みのスタイルですね。

そして事前精算。これは、予約した時やその後などにクレジットカード払いや各種コンビニエンスストアの店頭払いなどで事前にチケット代をお支払い頂くものです。コンビニで発券したり、スマートフォンにチケットのデータが送られてきたりします。当日はそれらを見せるだけで、並んでの金銭のやり取りはありません。あと、もれなく「事前精算ありがとうセット」をプレゼントします。さらに7/31(日)までに事前精算で買ってくれると大貧民割引が使えます(東京公演のみ)。

では、それぞれの購入方法の使い方と特徴を見ていきましょう。

チケット取り扱い

●CoRichチケット!(当日精算)
①東京、大阪の各チケットリンクから飛んだページの予約フォームで希望の回を選び、必須項目を入力してください。
②予約確認メールをお送りします。本番をお忘れなく!笑
③当日、受付にてご予約のお名前を仰ってください。
④チケット代をお支払い頂き、チケットの半券をお渡しします。その後、ご入場ください。
・当日の0時までご予約可能です。
・大貧民割引はご利用頂けません。
・ありがとうセットはありません。
・役者ごとに個別の予約フォームがあります。気にする方はお気に入りの役者からご予約頂けると喜びます。気にしない方は気にせず!
※事前の支払いとか、会員登録などなどが面倒!という方はこちら!

 

●演劇パス(事前精算)
※スマートフォンに「演劇パス」のアプリをインストールしてください。
①東京、大阪の各チケットリンク飛んだページでご希望の回を選択し、必要事項をご入力ください。
②決済方法はクレジットカードのみご利用頂けます。
③スマートフォンの「演劇パス」アプリ内にチケットのデータが送られてきます。当日は受付にご提示下さい。
・当日の10時までご購入頂けます。
・当日、事前精算ありがとうセットをプレゼントします。
・7/31(日)までのご予約で、大貧民割引が適用可能です。

・デザインチケットを希望される方は受付の際にお申し付け下さい。
・役者ごとの予約フォームはありません。気にしない方はホントお気になさらず!
※大貧民割引を使いたい、または、特典グッズをご希望で、スマートフォンへのアプリのダウンロードに抵抗のない方はこちら!

 

●カンフェティ(事前精算)
※カンフェティの会員登録が必要です。
①東京、大阪の各チケットリンクから飛んだページで「チケットを購入する」を選択。
②会員ID・パスワードを入力してログインしてください。
③お支払方法を選択してください。クレジットカード決済とセブンイレブン支払いがお選び頂けます。別途、発券手数料が216円かかります。
④必要事項を入力して下さい。
⑤セブンイレブン店頭にて発券または支払いと発券をお済ませください。
(※予約されてから3日間が入金期限となります)
⑥当日、発券済みのチケットをご提示してご入場ください。
・当日の10時までご購入頂けます。
・当日、事前精算ありがとうセットをプレゼントします。
・7/31(日)までのご予約で、大貧民割引が適用可能です。

・デザインチケットを希望される方は受付の際にお申し付け下さい。
・役者ごとに個別の予約タブがあります。気にする方はお気に入りの役者からご予約頂けると喜びます。気にしない方は気にせず!
※大貧民割引を使いたい、または、特典グッズをご希望で、現金払いをご希望の方はこちら!

 

●パスマーケット(事前精算)
※YahooIDをお持ちだとスムーズにご購入いただけます。
①東京、大阪の各チケットリンクから飛んだページでご希望の回を選択して下さい。
②YahooIDをお持ちの方は会員ID・パスワードを入力してログインしてください。お持ちでない方はログインせず進むのボタンを押して進んで下さい。
③必要事項を入力して下さい。
④お支払方法を選択してください。クレジットカード、コンビニエンスストア決済、Yahoo!ウォレットをご利用いただけます。
⑤当日、スマホもぎりの提示
・当日の10時までご購入頂けます。
・当日、事前精算ありがとうセットをプレゼントします。
・7/31(日)までのご予約で、大貧民割引が適用可能です。
・デザインチケットを希望される方は受付の際にお申し付け下さい。
・アンケートで「誰から買いたいか」選べます。気にする方はお気に入りの役者からご予約頂けると喜びます。気にしない方はお気になさらず!
※大貧民割引を使いたい、または、特典グッズをご希望で、YahooIDをお持ちの方はこちら!

【ご注意!!】

・事前精算でご購入頂いた方のうち、大貧民割引(1,000円引き)をご利用頂けるのは7/31(日)までにご購入の方のみ!
・そして大貧民割引は東京公演のみ!大阪公演のお客様ごめんなさい…もともと安くしたので許して…!
・いつ、どの方法でご購入・ご予約されても貧民割引(500円引き)はご利用頂けます。でも当日券は適応外です。

●事前精算得点「ありがとうセット」とは

事前精算でご購入頂いた皆様へのお礼として、ご入場時に粗品をプレゼントいたします。内容としては、アガリスク特製缶バッヂ(非売品)と、裏パンフレット(非売品)です。

《特製缶バッヂ》
まぁよくある缶バッヂです。でも非売品なので、好きなところにつけて自慢しちゃってください。自慢になる…といいな。

《裏パンフレット》
かつてアガリスクが千葉で公演してた時代に発行していたシリーズです。当日パンフレットに載せるのは憚られるほど自由でテキトーな企画を掲載した、いや垂れ流したブートレグです。アガリスクメンバーの何人かで、ここでしか書けないようなものを書きます。開演までの暇なお時間にお読み下さい。

6/12(日) 公演特設ページ公開しました!

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/笑の太字』公演情報解禁に伴い、公演特設ページを公開しました!

こちらでは各種公演情報のほか、作品の紹介、キャスト・スタッフの紹介、また「最新情報」のメニューではブログ的に随時新しいお知らせをアップしたり、企画として特別なコンテンツ(対談とかインタビューとかグッズ紹介とか)を掲載していきます。是非ご覧くださいませ!

コンセプト

昨年度、黄金のコメディフェスティバル2015にてグランプリ及び四冠を達成した傑作にして問題作『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』の再演と、もっと問題作な新作二人芝居『笑の太字』の45分二本立て!

シチュエーションコメディの新境地を切り開いてきたアガリスクが「コメディを斬るコメディ」二本をパッケージした両A面!

2015年度サンモールスタジオ最優秀団体賞の受賞記念としての東京公演だけでなく、最も攻めていて最も自分達らしい自信作を引っ提げて、二度目の関西公演を決行!昨年の京都に続いて今度は大阪に上陸します。

これが“屁理屈シチュエーションコメディ”の真骨頂で、これが アガリスクの エンターテイメントです。

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』

22nd_omote_shichininンドンに住む平凡な男、デイヴィッド=スミス。しかし彼には秘密があった。
彼は、メアリーとバーバラという二人の女性と結婚し、二つの家庭を行き来する二重生活を送っていたのだった…!
ある日、デイヴィッドがいつものようにメアリーとの家でくつろいでいると、そこに彼女の友人が訪ねてくる。それはなんと、もう片方の妻・バーバラだった…!
デイヴィッドは、二人の妻への秘密を隠しきることができるのか…!?

<clear=”left”>
【解説】

 …という筋書きの、英国の喜劇作家・ゲイ=ルーニー氏の書いた傑作シチュエーションコメディ『ワイフ・ゴーズ・オン』を演じる七人の男女。

 嘘をついて誤魔化すタイプのシチュエーションコメディに憧れて旗揚げしたアガリスクエンターテイメントだったが、上演するにつけ、このテのコメディについて悩み、その作品も捻くれた面倒くさいものになっていった…。
その一方で『ナイゲン』『紅白旗合戦』などの青春群像劇、会議コメディを上演しては評価を得ていく。
「今後、どんな作品を作ればいいのか…」道に迷ったアガリスクの道標となり、念願の黄金のコメディフェスティバル優勝を果たした逸品。
シチュエーションコメディ批評にして、大いなるシチュエーションコメディ讃歌。

大嫌い,大嫌い,大嫌い,大好き Ah~

【出演】

デイヴィット矢吹ジャンプ…メアリーとバーバラの両方と結婚している男
ジョン斉藤コータ…デイヴィットの友人でメアリーとの家に居候している男
メアリー鹿島ゆきこ…デイヴィットの妻
バーバラ沈ゆうこ…デイヴィットの妻
チャン津和野諒…バーバラの友人で彼女に好意を寄せている中国人
Mr.ゴールドマン塩原俊之…メアリーの父でイギリス陸軍の少佐
ビリー淺越岳人…デイヴィットとメアリーの家の隣に住む老人

※『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』は上記のキャストで全ステージ上演します。

【舞台写真】

東京公演で撮影した舞台写真を公開しました!

舞台写真『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』

『笑の太字』

22nd_omote_warai

学の演劇学科の劇作コース。とある学生により卒業制作として提出された戯曲は、某有名傑作二人芝居の丸パクリだった…!
盗作を指摘し、認めない指導教官。
屁理屈で反論し、認めさせたい学生。
両者の闘いは、次第に“問題の二人芝居”さながらの展開を見せ始める…!


【解説】

 かつて読売演劇大賞を受賞し、映画化もされ、演劇界にも根強いファンが多い某傑作二人芝居。
他団体での上演を認めない作家の作品でありながら、改題されて無許可で上演されたり、設定だけ変えて高校演劇で上演されたりと、実際に上演問題が度々起こっていた。
上演問題にまつわる議論自体を“その作品”に重ねて描き、「作品のオリジナリティとは?」「作品は誰のものか?」をあぶり出す、密室・屁理屈・会話劇の二人芝居。

 アガリスクエンターテイメントのメンバーが二人ずつ4チームに分かれて日替わりで上演します。

【出演】

Aチーム熊谷有芳前田友里子
Bチーム甲田守津和野諒
Cチーム淺越岳人塩原俊之
Dチーム鹿島ゆきこ沈ゆうこ

【タイムテーブル】

各チームの出演回は以下の通りです。

《東京公演》

8/31 9/1 9/2 9/3 9/4
12:30
14:30 B☆ A☆
16:00
17:00
19:30 A☆

《大阪公演》

9/9 9/10 9/11
12:30
14:30 D☆
17:00
19:30 A☆

【舞台写真】

東京公演で撮影した舞台写真を公開しました!

舞台写真『笑の太字(全チーム)』

淺越岳人

asakoshi【氏名】淺越 岳人(アサコシ タケト)
【所属】アガリスクエンターテイメント
【生年月日】1987年2月25日

【身長】167㎝
【出演作】
・アガリスクエンターテイメント全作品
・ちゃりてぃ庵:2016台湾地震『君のいる場所』
・小野光洋監督作品 多数(自主映画)
【ブログ】A.S.A.P.通信
【Twitter】@asataketo


『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』:ビリー役
『笑の太字』:Cチームの回に出演

鹿島ゆきこ

kashima【氏名】鹿島 ゆきこ(カシマ ユキコ)
【所属】アガリスクエンターテイメント
【生年月日】1985年12月17日
【身長】155㎝
【出演作】
・『ファミリーコンフューザー/無縁バター』以降のアガリスク作品
・トリコロールケーキ『アイアイアイ』ほか
・Ammo『Lucifer』
【個人ブログ】鹿島ゆきこのかしましぶろぐ。
【Twitter】@Yukiko__K

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』:メアリー役
『笑の太字』:Dチームの回に出演